スポンサーリンク

お知らせ

ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれるおすすめの教室

川鍋裕輔
こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。

ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれる、おすすめの教室を知りたい方へ。

現在、アクロバット・バク転を教えてくれる教室を探しているのだが普通に体操教室に行けばいいのか悩んでいる。

あと、なんか、アクロバット・バク転が身につくまでに時間がかかってしまうかもしれない教室の特徴などもあれば知りたい。と考えていませんか?

本記事では下記の内容で解説していきます。

それと、そんな悩みを持った人のために春日部ダンスクールでアクロバットのワークショップを開催することになったので、そちらの告知もさせてください。

本記事の信用性

画像

この記事を書いている僕は、ダンス講師歴10年以上。

コンテストで入賞歴多数のアクロバットを取り入れたダンスチームDEBO☆STARのプロデュースなんかもして来たので記事の信頼性に繋がると思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

川鍋裕輔(@kawanabeusk)がシェアした投稿

今回は、僕がダンスを指導している生徒がアクロバット・バク転を身に付けるために通った各教室の特徴を抑えつつ「おすすめの教室について」解説していきます。

本記事では「ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えるのが上手い先生の特徴」なんかも、ちょっとだけ案内します。

この記事に書かれていることを参考にしていただけると誰でも簡単にダンスで使えるアクロバット・バク転を身に付けることができる教室を見つけることが出来るようになるので最後までじっくり読んでみてください。

それでは、さっそくダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれるおすすめの教室について解説していきましょう!

川鍋裕輔
こちらの記事からダンスで使えるアクロバット・バク転のワークショップに参加申し込みしていただけると「ダンス帳をプレゼントさせていただきます」※ダンスコンテストで入賞してきたチームが実践してきたノートの取り方の説明付き!!

スポンサーリンク

ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれるおすすめの教室

結論、アクロバット・バク転が出来る子をたくさん排出している教室が最強です

指導に関して実績がある教室だと安心できますよね。

安心できる理由は下記3点。

指導に実績があるところがおすすめな理由

  1. 指導の仕方が上手い
  2. 環境が整っている
  3. 安全にできる

上記のような感じですね。

もう少しだけ、深堀していきます。

アクロバット・バク転の指導の仕方が上手い

指導力

アクロバット・バク転ができる子をたくさん排出しているということは指導力が高いということ。

指導力の高い先生の特徴としては自分が結果が出た方法を押し付けるのではなく、1人1人に合ったやり方を探しながら、その子の能力を最大限に引き出すのが上手いです。

自分が成功した方法が必ずしも他人にも最適は方法とは限らない。ということを理解している先生は強いですね。

指導方法って、やっぱり教室や先生によって違うものなの!?
ダン吉くん
川鍋裕輔
全然違うよね。それが指導力の差にもなってくるので注意が必要です。

アクロバット・バク転ができるようになる環境

環境が整っている

これは、マットなどの器具が整っているという意味ではなく周りにいい影響を受けられる仲間がいるということです。

朱に交われば赤くなるってやつですね。

朱に交われば赤くなるとは

「人は関わる相手や環境によって良くも悪くもなる」「人は相手や環境に多大な影響を受ける」「人は相手や環境に支配される」という意味

確かに、自分と同じ時期に入った子や年下の子が簡単そうにやってたら僕も私もできるかもっていい意味で影響受けれそうだよね。
ダン吉くん
川鍋裕輔
そうゆうことなんだよね。

安全にアクロバット・バク転ができる

怪我のリスクの軽減

アクロバット・バク転ができる子をたくさん排出しているということは経験も豊富ということ。

経験豊富な先生というのは教えるのが上手いのはもちろんなのこと、こうゆう状況で子供は怪我しやすいとかもわかっているので危険回避させるのも上手いんです。

川鍋先生も子供たちにダンス教えてて、そうゆうのわかったりするの?
ダン吉くん
川鍋裕輔
昔は全然わかんなかったけど経験を積んでだいぶわかるようになったね。そのおかげで今年は今のところレッスン中やイベントの時に怪我した子はゼロです。

ここまでは、ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれる、おすすめ教室について書きました。

次の章では、アクロバット・バク転が習える教室の種類について紹介していきます。

ダンスで使えるアクロバット・バク転が習える教室の種類について

教室の種類について

体操教室以外にもたくさんある、ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれる教室を紹介します。

アクロバット・バク転が習える教室は下記の通り。

教室の種類

  • 体操教室
  • アクロバット教室
  • ダンススタジオ
  • トリッキング

順に説明していきます。

体操教室

言わずと知れたアクロバット・バク転を習う場所の代名詞。

比較的、どこの地域にもあるので通いやすく、他のアクロバット・バク転が習える教室に比べ器具などが充実しているのも特徴の1つです。

体操教室でバク転を習うメリットって器具以外にもあったりするの?
ダン吉くん
川鍋裕輔
アクロバットの技、全般を習えるので他の技に挑戦したいってなった時に簡単に挑戦する技を変更出来るのも魅力の1つかもしれないね。

アクロバット教室

バク転、バク宙、側宙などに特化した教室になります。

指導してくれるインストラクターがテレビやテーマパークなどでアクロバットパフォーマーとして活躍している場合が多く、パフォーマンス向けのバク転が習えるのも特徴の1つです。

ダンススタジオ

アクロバットクラス、もしくはブレイクダンスのクラスの習うことができます。

ダンス経験豊富なインストラクターが指導してくれるのでダンスに取り入れやすいアクロバット・バク転を指導してもらえるのが特徴です。

ダンススタジオのアクロバット教室に通うと、このようなバク転を習えます。

この子は初めて半年ほどになります。

ダンススタジオでアクロバットを習う時の注意点ってあったりする?
ダン吉くん
川鍋裕輔
習うことの注意点とは違うのですが、ブレイクダンスのクラスは先生によってバク転を指導してもらえない場合もあるので確認してから受講するようにしてください。アクロバットクラスは確実に習う事ができます。

トリッキング

トリッキングとは!?

ブレイクダンスと体操と格闘技が組み合わさった激しい技が魅力のスポーツ

バク転に入る前の助走技が体操のロンダートとは違い、タッチダウンライズという技を使うのもトリッキングの特徴になります。

ブレイクダンス同様、バトルも頻繁に開催されているのでバトル好きのダンサーさんに向いているかもしれません。

バク転が習える場所ってたくさんあるんだね。ぶっちゃけ、どこで習うのが1番早くバク転ができるようになるの?
ダン吉くん
川鍋裕輔
バク転だけに限って言うと最短で身に付けたいなら体操、アクロバット教室にあるバク転教室がおすすめかな。
逆にこうゆう教室はバク転ができるようになるまでに時間がかかるかもってのもあれば教えて。
ダン吉くん
川鍋裕輔
了解!次の章で、そこら辺を深堀していきましょう。

スポンサーリンク

ダンスで使えるアクロバット・バク転が身につくまでに時間がかかってしまうかもしれない教室の特徴

いい教室と悪い教室の見分け方

悪い教室というと語弊があるかもしれないので、なかなかアクロバット・バク転ができないかもしれない教室の見分け方だと思っていただければと思います。

なかなかアクロバット・バク転ができない教室の特徴は下記のとおり。

3つの特徴

  • カリキュラムが組まれている
  • 講師の経験が浅い
  • バク転をできる子がいない

順に解説していきます。

アクロバット・バク転に挑戦させてもらうまでのカリキュラムが細かい

アクロバット・バク転に挑戦させてもらえない

前転、後転、伸膝前転、伸膝後転などの体操の基礎をしっかりと身に付けてからでないとアクロバット・バク転に挑戦をさせてくれない教室だと身に付くまでというか挑戦させてもらうまでに時間がかかる場合があります。

ポイント

アクロバット・バク転を習いたい場合は、教室に入会する前にやりたい技をいきなりやらせてもらえるのか!?しっかりと確認しましょう。

アクロバット・バク転を指導する講師の経験が浅い

体操の経験がないなんでことも

これは、フィットネスクラブで稀にある事なのですが、担当している講師の方が実は体操の経験がないなんて事があります。

どうゆうことかというと、外部から講師の方を呼ぶとお金がかかるのでバク転ができるスタッフに任せてしまうんですね。

そんなこともあるんだね。
ダン吉くん
川鍋裕輔
うん。なのでフィットネスクラブでアクロバット・バク転を習う場合は講師の方の体操歴を確認することをおすすします。

アクロバット・バク転ができる子がいない

教室内にアクロバット・バク転ができる子がいない

教室によってはアクロバット教室、体操教室とは名ばかりで、全然アクロバット・バク転をできる子を排出していないなんて教室もあります。

講師歴が浅い先生ならまだしも10年とかやっているにもかかわらず、アクロバット・バク転をできる子を排出していないような教室は気をつけたほうがいいでしょう。

ポイント

チケット制の教室で習う場合は、1つの教室に限らずに違う時間帯のレッスンを受けてみるのをおすすめします。あっちのクラスではできる子がいなくても、こっちのクラスではいるなんてこともありますから。

こんなに色々とチェックするところがあると、どこで習えばいいか悩んじゃうね。
ダン吉くん
川鍋裕輔
そんな方のために、アクロバット・バク転のスペシャリストによるワークショップを開催するので紹介するね。

スポンサーリンク

ダンスで使えるアクロバット・バク転のワークショップのお知らせ

ワークショップのお知らせ

アクロバット・バク転はもちろんのこと、簡単で見ている人にすごいと思われるような技があれば教えてほしい、カッコいい側転を回れるようになりたいなど、そんな声にもお答えするワークショップになります。

ワークショップ詳細

日時:11月29日(日曜日)

場所:埼玉県春日部市内の小学校

時間:開場17:00 ワークショップ開始17:15 終了予定時刻18:45分

対象年齢特になし※80キロまでなら補助可能

途中入室、途中退出OKです。

先生はどんな人なの?
ダン吉くん
川鍋裕輔
すごい人だよ。紹介するね。

ワークショップを担当してくれる講師は、この方!

アクロバット・バク転の講師写真

GUU先生です!!

GUU先生の経歴

学生時代、国体(体操競技)で埼玉県1位を獲得。その後、テーマパークのアクロバットパフォーマーに最年少で就任。TBS系テレビ番組『ケイン・ザ・マッスル』と『筋肉番付』がきっかけで生まれたマッスルミュージカルにも出演しています。現在も多数のメディアに出演して続けている現役バリバリのプロのアクロバットパフォーマーです。

めちゃくちゃ、すごい人じゃん!教える方はどうなの!?
ダン吉くん
川鍋裕輔
自身でGUU体操教室を立ち上げ、たくさんのアクロバット・バク転をできる子を排出しているので指導者としても一流の方になります。抜かり無しです!

GUU先生が補助している様子がこちら!

80キロまでなら補助可能ということなのでアクロバットに初挑戦の高校生の女の子も恐がることなくアクロバットに挑戦している様子が伺えます。

これなら子供たちも安心してアクロバット・バク転に挑戦できるね。
ダン吉くん
川鍋裕輔
でしょ!そんなGUU先生からメッセージを預かってますので、どうぞ!

アクロバットパフォーマーで今回アクロバット・バク転ワークショップの講師やらせてもらうGUUです。

いきなりスゴい技はやらずアクロバットに必要な柔軟やストレッチ、トレーニングや壁倒立のやり方、前転や後転や側転から、バク転、バク宙、側宙でも、めっちゃ丁寧に細かく教えていきます。

受けたい!受けたい!!どうやって申し込みすればいいの?
ダン吉くん
川鍋裕輔
ダン吉くん、ありがとう。下の問い合わせフォームより申し込み承っております!

>>問い合わせフォーム

GUU先生にアクロバット・バク転のワークショップを開催して欲しいなんて団体様も問い合わせフォームより相談していただければと思います。

まとめ

今回の記事は、ダンスで使えるアクロバット・バク転を教えてくれるおすすめの教室とそうでない教室、教室の種類について解説しました。

まとめると下記のとおり。

  • アクロバット・バク転ができる子をたくさん排出している教室が最強
  • 細かいカリキュラムが組まれている教室は注意
  • 体操経験がない講師もいるので気をつけよう
  • 体操、アクロバット、ダンススタジオ、トリッキングと習える場所はたくさんある

教室選びの参考にしていただけたら嬉しく思います。

アクロバット・バク転は怪我に繋がりやすい種目でもあります。

この記事を読みつつ、実際に複数の教室に見学、体験に行ってみて安全に習える場所を探すことをおすすめします。

ダンスにアクロバットが入ると、一気に華やかさが増すので興味のある人は是非、挑戦してみてください。

スポンサーリンク

人気記事

1

2018/11/11

春日部ダンススクールbagus ダンスコンテストODCで優勝しました。

川鍋裕輔こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。 2018年8月26日(日曜日) 大井町駅前中央通り特設ステージで開催されたダンスコンテストODCに春日部ダンススクール キッズダンスサークルのコンテストチームbagus(バグース)が挑戦してきました。 結果はなんと。。。 春日部ダンススクールbagusの結果は。。。 見事、優勝!   2戦目で優勝することが出来ました。 使用した衣装などは、こちらの記事から見れます。 1戦目の様子 bagus(バグース)初優勝おめ ...

続きを読む

2

2018/12/13

第6回 全日本小中学生ダンスコンクールに出場して来ました。

川鍋裕輔こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。 2018年8月17日(金曜日)新宿文化センター 大ホールで開催されたダンスコンクール。 第6回 全日本小中学生ダンスコンクール 東日本大会 中学生部門・オープン参加の部に春日部ダンススクール キッズダンスサークルから去年に引き続きKT SQUADが挑戦して来ました。 春日部ダンススクールKT SQUAD コンクールの結果は。。。 銅賞でした!     KT SQUADおめでとう!! 銅賞なんて、すごね! ...

続きを読む

3

2018/6/29

東京サマーランドで開催されたDANCE DANCE DANCE2018に参加してきました。

サマーランド主催のダンスイベントに参加して来たので、いろいろまとめてみた。 こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。 ダンス披露を終えた後に子供たちが、そのまま楽しく遊べるようなイベントはないかなーと、探していたところサークルにお子さんを預けてくださっているママさんが、すごく楽しそうなイベントを見つけて来てくれたんです。 その名も、DANCE DANCE DANCE2018 開催場所は、なんと、あのサマーランド!! はい!あの1年中常夏のドーム内プールのサマーランドです! ...

続きを読む

4

2018/11/11

アニソン限定ダンスコンテスト エーフォニアムに出場してきました!

川鍋裕輔こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。 先日、ちょっとおもしろいダンスコンテストに参加してきました。 なにがおもしろいのかというと、使用出来る音楽のジャンルが決まっているんです。 どんなジャンルがオーケーなのかというと。。。 使っていいジャンルは、なんと、アニソンやボカロのみ。 先生!アニソン?ボカロってなに!?ダン吉くん 川鍋裕輔アニソンというには、アニメで使われている曲のことで、ボカロというのは、ボーカロイドの略で、わかりやすくいうとコンピューターが歌ってい ...

続きを読む

5

2018/11/11

ダンスコンテスト DANCE STARTに参加してきました!

ダンスコンテスト DANCE STARTに参加してきました! こんにちは、春日部ダンススクール キッズダンスサークル講師の川鍋裕輔です。 11月23日(木曜日)亀城プラザ文化ホールで開催されたGRADN SOULが主催するDANCE STARTというコンテストに春日部ダンススクール キッズダンスサークルのコンテストチームDEBO☆STARが出場してきました。 コンテストは、キッズ(小学生部門)、ティーン(中学生〜高校生まで)、クリエーション(子供たち自身が作品を作った部門)のチーム、ソロの全部で4部門に分 ...

続きを読む

-お知らせ

© 2021 春日部ダンススクール Powered by AFFINGER5